兵庫県神戸市長田区の亀田歯科医院のお知らせ

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯科用金属に対するアレルギーの検査の金属の種類について

<<   作成日時 : 2016/08/22 17:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0


大きな奥歯、大臼歯にCAD/CAM冠保険適用
という記事に関連しますが、
検査を行う金属の種類について記載してみます。

金、銀、銅、パラジウム、イリジウム、錫、亜鉛、ガリウム、ゲルマニウム、ルテニウム。インジウム。ニッケル、クロム。鉄、マンガン、アルミニウム。

歯科医院から皮膚科(或いは内科などでも可です)に紹介状は不要です。
皮膚科で、金属アレルギーの検査をして結果が出たら、紹介状または紹介状に準ずる検査結果を歯科医院に持参ください。
一種類でも、歯科金属に使われる金属にアレルギーが出たらOKです。
なお、大臼歯に保険収載されたハイブリッドセラミック冠は、2年などの補償は一切ありませんが、保険でよければな、と思われるようでしたら、良いんではと思います。割れにくいほうが勿論良いと思いますので、なるべく丈夫なメーカーの商品、具体的には、GCのセラスマートなどを使用したら良いと思っています。

ご不明な点がありましたら、御気軽に、お問い合わせください。

亀田歯科 

」神戸市長田区大塚町1丁目9−7

電話(078)691-4312 fax:(078)330-4014
email:info@kameda.sakura.ne.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

歯科用金属に対するアレルギーの検査の金属の種類について 兵庫県神戸市長田区の亀田歯科医院のお知らせ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる